アイデア

SDGsのシンポジウムに参加してみた。

1.SDGsとは?

今日は今ちょっと流行り始めているSDGsのシンポジウムに参加してきました。

SDGs(持続可能な開発目標)でとは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標の事です。17の目標に対して169の詳細な目標があります。

だから何なのって話ですが、これがまた企業では大変流行り始めてるのだそう。

今日勉強して思った事は、このSDGsが人類が活動して行く上での「大義名分」となりそうだなという事です。

17個の目標はどれをとってもいいことばかりしか書いてません。貧困をなくすだとか、質の高い教育をみんなにだとか、全ての水を綺麗にだとか、一見「無理じゃない?」と思える内容ばかり。そもそも無理なことを2030年までに達成する?意味あるのかなぁとさえ思っていました。

2.SDGsは国際連合全加盟国が理想とする目標である。

勉強不足で全然知らなかったのですが、このSDGsは国連加盟の193ヶ国全てが合意しているということがとても興味深いところです。

少なくとも各国の代表者たちは、この夢物語のような内容に対して「そうあるべき」と考えているわけです。

これは大変意義のあることで、この目標は世界のスタンダードになって行くんだなと感じています。

今まで、貧困や経済成長について訴える人は大勢いました。飢餓も差別も全部なくしたい。そういう強い意志を持って活動している人はたくさんいました。でも、実際はその人たちの力では世界を変える事は簡単にはできなかったわけです。実際今も苦しんでいる人は大勢いる。ですが、やっと世界各国のトップたちがこれらの目標を正式に認めたわけです。

3.SDGsを企業が推進する理由

また、なぜこれが企業に受け入れられ、またビジネス化させている企業があるかなんですが、企業経営者はお金持ちになることも考えてますが、それよりも自分の力で社会に貢献したいと思っている人が多いことが大きな要因といえるでしょう。自身が企業を立ち上げた時に掲げた理想や目標が、このSDGsに合致するところがある。それが大きな理由だと考えます。またその目標を達成することができれば、自身が社会貢献できているという大きな生きがいを感じることができると思うわけです。

4.教育業界でもSDGsは生きる。

教育業界においてもSDGsの目標は大変価値があると私は考えています。

これから日本の子どもたちは正解のない課題に取り組んで行くことになるはずです。大きな理想を掲げそれを達成するにはどうするべきであるのか。学生の頃から真剣に考え、世界を変えていく人材に成長する。そしてSDGsの目標を達成できるような活動ができればそこにはきっと大きなビジネスチャンスが生まれるはずです。

例えば、有名な事例ですが、環境を守るために割り箸をなくし、全てマイ箸に変えることができれば何かしらの変化が生まれるはずです。

5.SDGsまとめ

今回SDGsのことにちょっと触れられる経験をして考えさせられることが多く出てきました。授業に取り入れたり、学校の教育目標に取り入れたりできそうだなと。SDGsは単体ではなく、やりたいことや達成したいことにエッセンスとして加えてみると大きな価値や方向性が見出せるようになるのではないかなと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください