アイデア

mentimeterを日本語化する方法【海外サイトに応用可能】

ICTを活用して授業準備をしている際にぶち当たる壁、海外サイトですね。

mentimeterやKahootなど、海外サイトを使って授業をしたいけど、英語なので断念してしまうことありますよね。

英語の教師ならなんてことないのですが、英語が苦手人はメニューの英語を見るだけで吐き気がする人も多いはず。

と思った先生、やり方がありますので紹介します!

この記事を読めばどうなるか

MentimeterやKahoot!などの海外サイトを簡単に日本語化し、授業教材をストレスなく作ることができるようになります。

Google Chromeをダウンロードする

まずはPCにGoogle Chromeというブラウザをインストールしてください。

普段Internet Exploreを使っている先生は慣れないかもしれませんが、Chromeは動きが早いので一度使い出したら手が離せなくなりますよ。

さぶろう
さぶろう
もちろん無料でインストールできます。

Google ChromeでMentimeterを開く

Chromeが起動できたら、MentimeterのWEBサイトへアクセスしてください。

全部英語ですね。

これをWindowsとMacでそれぞれ解説します。

Windowsで海外サイトを日本語化する

まずはGoogle Choromeの右上の方に縦に3つ並んだ点がありますのでクリックしてください。

▲メニューを開くボタンです。

次に、設定をクリックしてください。

設定画面が開きます。

次は、設定画面の中の「詳細設定」をクリックします。

▲詳細設定画面が下に伸びて出てきます。

詳細設定画面が出てきたら、次は「言語」の項目を開きます。

言語画面が開いたら、「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」のチェックを入れてください。

▲青色になっていたらチェックできている状態です。

チェックできたらそのまま画面を閉じて、Mentimeterのページに戻ります。

Mentimeterのページの上で、「右クリック」してください。

右クリックして「日本語に翻訳」という項目がありますので、クリック・・・ってあれ?

▲「日本語に翻訳」となっていればそのまま日本語化完了ですが・・・

頼斗くん
頼斗くん
先生!「Englishに翻訳」になってますよ!英語で英語に翻訳ってなんなんですか!

さぶろう
さぶろう
こんなこともあります。もちろん対処できますのでご安心を。

とりあえず、「英語に翻訳」を押してください。

すると、下記画面のように言語選択ができる画面が出ます。

▲3つの点ボタンをクリック!

3つの点ボタンをクリックしてください。

その後、「別の言語を選択」をクリック。

そのあとは日本語を選択してください。

これで日本語化完了です。

▲バッチリですね

ではログインしてみましょう。

ログインのあと、また英語に戻ってしまうので、右クリックで日本語化してください。

▲日本語化できました。

さぶろう
さぶろう
これでストレスなく授業教材が作れますね!

以上でWindowsでのMentimeter日本語化の説明は終わりです。

Mentimeterの使い方も解説していますのでぜひご覧ください。

Mentimeterを授業で使って生徒の心を掴む【ICT授業活用事例】 こんにちは。 授業をしている時に、教員であれば以下のことが気になる時があるはずです。 生徒は授業を聞いてどう思っているの...

MacでMentimeterを日本語化する方法

Macも同様にGoogle Chromeで日本語化します。

▲MacでみたGoogle Chromeの画面

次に画面上部の「Chrome」をクリックし、「環境設定」を選択してください。

次は、設定画面の中の「詳細設定」をクリックします。

▲詳細設定画面が下に伸びて出てきます。

詳細設定画面が出てきたら、次は「言語」の項目を開きます。

言語画面が開いたら、「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」のチェックを入れてください。

▲青色になっていたらチェックできている状態です。

チェックできたらそのまま画面を閉じて、Mentimeterのページに戻ります。

Mentimeterのページの上で、「右クリック」してください。

その後、「日本語に翻訳」を選択してください。

無事日本語化できました!

▲日本語化できました!

以上でMacで、Mentimeterの日本語化が完了です。

Mentimeterの使い方の記事もありますのでぜひご覧ください。

Mentimeterを授業で使って生徒の心を掴む【ICT授業活用事例】 こんにちは。 授業をしている時に、教員であれば以下のことが気になる時があるはずです。 生徒は授業を聞いてどう思っているの...

記事が参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください