ICT教育

Googleフォームを授業や保護者会で活用

授業中や、保護者会などで、データをリアルタイムで収集したい時がありますよね。

学校行事やイベントでも活用できる方法をご紹介します。大変便利です。

例えば、授業のまとめや振り返りをさせることができますし、リアルタイムで集まったものをクラスで共有することもできます。投票なんかでも使えます。

保護者会では、参加者に保護者会のアンケートをとることができます。

保護者会で全体の前では質問したくてもできないなんてことはよくありますので潜在的な課題やニーズを収集するのに役立ちます。

うちの学校はこれで顕在化するクレームを事前に阻止できるようになりました。あなたも是非試してみてください。

この記事で学べること

1.Googleフォームの使い方

2.データ集計の仕方

3.授業や保護者会でどう活かすか

Googleフォームでデータ集計(概要)

Googleフォームを活用してリアルタイム集計する方法についての大まかな流れは以下です。

データ集計の流れ

1.Googleアカウントを作成

2.Googleフォームを作成

3.アクセスを促すためのリンクを用意

4.データ入力を促す

5.Googleフォームでデータ確認→盛り上がる

Googleアカウントを作成

これができないと始まりません。

こちらより登録できますので、無料登録してください。
登録方法はGoogle検索すれば出てきますのでこちらでは割愛します。

Googleフォームを作成

Googleフォームを作成します。

Googleフォームにアクセスしてください。
以下のページに飛ぶはずです。「パーソナル」でいいです。

Googleフォーム作成ページに飛びました。
左上の「空白」を選択して、フォームを作成します。
予めデザインされたものを選びたい場合は「連絡先情報」や「イベント出欠確認」を選んでも構いません。内容を修正することができます。

こちらはフォーム作成画面です。左上の「無題のフォーム」にタイトルを入力すると、自動的に中心の「無題のフォーム」もタイトルが変わります。

あとは好きな質問を作っていくだけです。

アンケートの形式はいくつかあります。
以下に一例を載せておきます。

・ラジオボタン:選択肢が作れます。択一式です。

・チェックボタン:選択肢が作れます。複数選択可能です。

・プルダウン:選択できます。

・記述式:短文回答が可能です。

・段落:長文回答が可能です。 

 その他いろいろあります。お好みでご使用ください。

Googleフォームで作ったデータはどこにいくの?

Googleフォームで最初に戸惑うのが、

作ったフォームはどこに行ったの?

ということです。

作ったGoogeフォームは「Google Drive」の中にある。

これがちょっと最初は戸惑います。

Google Driveにアクセスしてみてください。きっと見つかるはずです。

それでは生徒や保護者にGoogleフォームを入力してもらう方法に写ります。

作ったGoogleフォームに入力してもらう方法

入力してもらうためには

作った1Googleフォームのリンクにアクセスしてもらう必要があります!

まずはリンクを取得してみましょう。

画面右上の「送信」をクリックしてください。
すると以下の画面が出ます。

「送信方法」のところを「メール」から「リンク」に変更してください。

リンクは短縮しておくといいですよ!

あとはそのリンクを生徒と保護者に教えましょう!・・・

そのリンク入力してもらうのしんどいですよね・・・

そうです。リンクを入力していたら全員ができるまでに相当時間がかかりますので、QRコードを使うと良いでしょう。

QRコードの作り方

QRコードの作り方は非常に簡単です。

無料で作成してくれるサイトがありますので、そこで作ります。

QRのススメにアクセスしてください。

先ほどGoogleフォームでコピーしたURLを「さっそく作る」に貼り付けて、OKを押します。

短縮URLで大丈夫ですよ!

あとはQRコードが作成できるので、お好みのサイズや色に変更して、QR画像を保存しておきましょう。

もう一息!

あとは、その画像を生徒保護者に見せて、アクセスして貰います。

私がやっている方法は以下です。

QRコードを一斉に読み取ってもらう方法

QRコードを読み取ってもらう方法

1.QR画像をパワーポイントに画面いっぱいに貼り付ける

2.iPhoneやiPadのカメラを起動してもらってQRに向けてもらう

3.リンクが表示されるのでそこにアクセスしてもらう

みんな一瞬でアクセスしてくれますよ!

ただ、昔のバージョンのiOSだとこの機能が使えないみたいですので、その場合は大人しくQRコードが読み取れるアプリを用意して貰いましょう。

一斉に数百名の人がアクセスし、データを収集できる優れものです。

是非一度お試しあれ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください