進路指導

帰国生・留学生の進路指導とPEARL入試などの入試活用

本校には留学生が大勢います。うちの中高にきたらプチ留学を味わえるほどに留学生がここ数年で増加しました。これからもっと増えていくことが予想されます。

学校として課題なのは、この帰国生・留学生の進路です。

アイコン名を入力

またお国に帰るというのであれば、問題ないのですが、今後日本に住み続けるとなった場合は対策が必要です。

帰国生や留学生受け入れの課題

留学生・帰国生あるある

①日本にきたのが初めてで、授業に全くついていけない
②日本語ができないので、もちろん成績もよくない
③日本語ができないので一般入試で他の受験生に到底勝つことができない。
④もちろん評定も高くないので指定校推薦枠も活用できないし、できたとしても三流大学(失礼だけど・・・)

 体感ではありますが、海外からやってくる帰国生は非常に優秀な生徒が多いです。特に東南アジアからやってくる生徒は裕福な家庭が多く、両親の遺伝もあってか吸収力や思考力に長けている生徒が多いと感じています。

アイコン名を入力

そんな優秀な生徒を安易に指定校推薦等で三流BF大学に入学させるのは本当にもったいないなと感じています。

帰国生・国際生が活用できる入試制度とは?

 そこで活用できるのが、帰国生・国際生入試です

 ご存知の方も多いかとは思いますが、これについては帰国生が入学し始めている学校は本気で考えなければなりません。

アイコン名を入力

うまくやれば進路実績も伸ばすことができます。

本校の留学生の事例

 一人のフィリピンからの留学生がいます。父親は日本人ですが、母親は東南アジア出身です。高校1年の時、父親の仕事の都合で日本に移り住むようになりました。それまではヨーロッパ、ベトナム、フィリピン等に住んでいました。ですので英語は堪能です。さらに、日本語も勉強し、会話もでき、授業もやる気のない日本人よりまともな成績を取ります。
 彼女は大変優秀です。普段は控えめですが、海外で育ったためかプレゼンテーションを行うときは人が変わったように素晴らしい演説をします。

 この彼女は第一志望校が慶應義塾大学の経済学部です。なんとか合格させたいですが、AOや一般入試では到底太刀打ちできません。
 そこで見つけたのがPEARL入試という制度です。

 慶應義塾大学経済学部のPEARL入試で合格した生徒は、全て英語で講義を受けることが可能です。つまり、帰国生を対象とした入試なのです。
 これを狙って受験指導することになりました。本校のような中堅進学校にとっては慶應義塾の合格は大きな進路実績になります。

アイコン名を入力

PEARL入試について調べてみました!

慶應義塾大学経済学部PEARL入試について

慶應義塾大学経済学部 PEARL入試の特徴

①入試はⅠ〜Ⅲ期まであり、何度でもチャレンジできる。
Ⅰ期がもっとも合格可能性が高い
9月入学しか採用していないので、4〜8月までは自由な時間が確保できる
④試験は書類選考のみ。SATやIELTSなどのスコアを提出することと、自己推薦書を書くことが条件
⑤Ⅰ〜Ⅲ期の受験スケジュールからずれていればAO(総合型選抜)での受験も可能

アイコン名を入力

帰国生・国際生の実力を大学でも活かしてあげられる入試ですね!

今後の慶應義塾大学PEARL入試対策について

今後の課題は以下です

PEAR入試合格までの課題

① SATやIELTSの対策を十分に行い、合格ラインまで引き上げること
② 自己推薦書が必要なのでネイティブの教員に協力を依頼して、高い
  レベルまで仕上げ切ること
③ 数学のレベルを引き上げること

対策①、③については、SATで1600点満点のうち最低1250点を獲得させます。満点は英語で800点、数学で800点です。英語のレベルは内容が難しいですが、彼女の教養であれば十分得点ができますし、今のレベルでも合格ライン。弱いのは数学です。

 本校の生徒だけなのか、帰国生や留学生は総じて数学が大変弱いです。インターナショナルスクールに通っていた影響なのか、算数のレベルでつまづく生徒が多々見受けられます。インターナショナルスクールが数学に力をいれていないのかもしれせんし、たまたまかもしれませんが、最近の気づきでは、日本の数学教育が大変優れていることが原因なのかもと考えるようになりました。根拠はありませんが、PISAの日本人の成績を見る限り、そのような気もしています。この数学的力を身につけさせることは留学生・帰国生にとってはもっとも大きな課題です。

対策②については当然です。いうことはありません。

数学の対策をどうするか。放っておいたら痛い目をみそうです。アダプティブラーニングを活用できる時が来そうです。またここに報告したいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください