ICT教育

【Bidearタブレットスタンドレビュー】iPadでフレキシブルに撮影できる!

こんにちは。

生徒に動画撮影を課題とすることが増えてきました。

様々な点で学習効果が高いと感じているからです。

グリーンスクリーンを使った合成画像なども作りたいというのでiPadを固定するスタンドなどの需要が校内で高まっています。

音楽室に行って、楽譜立てを借りてきては、ガムテープで固定して撮影しています。

ガムテで固定すると、いろんなところが剥がれますし、準備と片付けにだいぶ時間がかかってしまいます。

そこで仕方がないので、事務長を説得し、タブレットスタンドを購入しました。

今日は購入して使っているBidearタブレットスタンドのレビューをしたいと思います。

私がBidearタブレットスタンドを購入決定に踏み切った理由は以下です。

Bidearタブレットスタンドを購入した理由

  • 生徒全員が使うiPadを難なく固定してくれる強度があること
  • 多くの生徒が繰り返し使っても壊れない強度があること
  • 組み立てや設置が簡単で、直ぐに動画作成にうつれること
  • 片付けが楽であること
  • デザインがオシャレであること
  • 倒れないように本体に重みがあること
  • 角度調整が柔軟にできること

Bidearタブレットスタンドを購入して感じていること

結論から言うと、このタブレットスタンドを購入して本当に良かったと思います。

買って生徒に使わせた時は大歓喜でした。

今では昼休みと放課後に取り合いになっています。

自分で購入する生徒も出てきました。

学校で買っても個人で買ってもきっと後悔はさせません。詳しくレビューします。

Bidearタブレットスタンドレビュー

Bidearタブレットスタンド外観

まずは外観はこんな感じです。

カラーは白と黒がありますが、スタイリッシュな白にしました。

本体は金属でできており、見た目より重さがあります。簡単に壊れそうにはありません。というかまだ壊れたことはないです。100人は使ってると思います。移動もさせますし、固定ネジも何度も開け閉めしますが、今のところ問題はありません。

Bidearタブレットスタンドの部品

パーツはこんな感じです。

左から、スタンド台、支柱2個、アームと固定部です。アームと固定部分は梱包された時は別々にされていました。

支柱は2本ありますが、1本に繋げます。1本だけ使って、低いスタンドにしてみようかと思いましたが、できませんでした。

ただ、別パーツを買えば1本でできないことはないかと思いますが、特にうちの学校では需要はないので、普通に2本接続して使っています。

BidearタブレットスタンドでiPadを固定してみた

iPadをケース付きで固定してみました。

ちなみにiPad 第6世代、32GBを固定しています。

さぶろう
さぶろう
13インチのiPadを私は持っていますが、これはサイズ的に固定できませんでしたので注意!

きちんと固定できます。

生徒は画質を良くするために、外カメラを使っていますのでケースを外して固定している子が多いです。

iPadを固定している伸縮性のあるパーツは、先端が丸になっている金属と接合されています。

この部分が自在に動くので、iPadの角度も自由に動く仕組みです。調整も簡単で、ネジを少し緩めて角度を変え、固定したいところでネジを締めれば簡単に固定できます。

また、この先端が丸くなった金属部分も、上下に動かすことができますので、かなり柔軟に角度を変えることができます。

Bidearタブレットスタンドは固定力抜群

ちょっと遠くから撮影してみました。

90度の角度でもきちんと固定できています。

これはちょっと驚き。

また、これは横向きにiPadを設置してますが、もちろん縦でも横でも設置できますのでご安心を。

Bidearタブレットスタンドの商品ページと届いた商品が違う!?

あと、Amazonで売られているものの写真はiPad接続パーツは一部のみ伸縮している写真でしたが、実際は二箇所が伸びました。若干仕様が違うようです。

Amazonの商品販売ページでの紹介はこちら。

実際届いたものはこちら。

両サイド2箇所がバネで伸びてます。商品ページと仕様が違いますね。ひょっとしたらホワイトとブラックの違いかもしれませんし、生産時期が違うのかもしれません。特に不満はないですけど、よくはないですね。説明と違うので。

Bidearタブレットスタンドのアーム部分の強度

アームの部分です。

こちらもネジで二箇所固定できます。

アームを伸ばしたり縮めたりできます。

これにiPadを設置して伸ばすと…

これです。

iPadを設置して立てた写真です。しっかりしています。屋内での撮影では全く問題ありません。

外で使ったことはないですが、強風でも吹かない限りは大丈夫そうです。

Bidearタブレットスタンドで実験してみた

前のめりにしてみました。これは全然余裕で設置できました。

でもまあ、こんな使い方する事あんまりないですけどね。

一人で「首をどこまで出せるか選手権」をやってみました。

限界に挑戦しましたよ。

これ以上前に出すと前のめりになって転倒しました。まあ、でもほんとにこんな使い方はする必要ありません。

また、もっと前まで伸ばしたいので有れば、土台に重たいものを載せるか、手足で固定しとけば問題ありません。

まぁ、そんな必要ないですけどね(しつこい)

というわけで、以上レビューでした。私が購入したときは3,000円そこそこでした。現在価格は下記リンクを参考にされてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください